BIYとはBuild It Yourself、Do It Yourselfをもじった造語で「自分で建てよう」という意味です。

自分の家は自分の手で--------------あなたの夢を応援します

関西BIYの会

 

since 1994.4 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------最終更新日/2014.5.20

BIYの活動biy-main.html


●BOOK●




待望のバイブル書





庭も手作りで



当サイトでも入手可能
メールで問い合わせを




日曜大工の知識は最重要





庭にはデッキも欲しい





待望のマニュアル書





 

「関西BIYの会のサイトへようこそ

当会は主に関西を中心に活動しているグループで、マイホームを手作りしたいと思っている人たちが集まり、作業を手伝ったり、情報を交換したりしています。ヤル気のある人の入会を歓迎します。

家なんて簡単だ

  1. 箇条書き項目 

メインのページ

BIYって何?biy-infor.html

入会の案内など

夢を実現ルポyume-1.html

完成したメンバー奮闘記

2×4TOOLS2X4tools.html
  1. 箇条書き項目 

●工具メーカーサイト●

  1. 箇条書き項目 

●ネット通販サイト●

関西BIYの会 最新情報

←写真をクリック


2013.8.30 更新

第190回勉強会/8月13-14日
滋賀県甲賀市 昇邸

内容/宿泊親睦会

当会のメンバーの建築はすべて2×4工法によるものです。

What’s New

●究極のマニュアル書 好評発売中

2×4工法で夢の我が家をセルフビルド」

 手作り住宅の新刊を出版することになりました。以前の「日曜大工で建てる夢の手作りマイホーム」を大幅にリニューアルしたもので、内容を一新し、エクスナレッジから発刊しました。

 巻頭カラーも24ページに増え、夢を実現したメンバー10邸の完成写真も見応えがあります。

 とにかく基本が大切です。2×4工法の基本を完璧にマスターすることが成功への近道です。我流はイケマセンよ。もちろん、オススメの一冊です。


●A5版、264ページ

●本体価格1800円+税

●出版社:エクスナレッジ


※エクスナレッジは、「建築知識」などを出版している建築系の出版社です。

 
  1. 箇条書き項目 

●役立ちサイト●

品揃えと安さで勝負

Made on a Mac

工具から金物まで翌日配達

2×4材、WRC材、合板など
ネット販売/京都・亀岡

アウトレット建材はココ!

ついに登場、40万点を超えるアイテムを揃える

フレーミングの必需品
Speed Square

バナーリンク提供↑
リンクフリーです

What’s New

会についての問い合わせ、また、住宅建設、2×4工法の疑問点など

●おすすめTOOL●

私の愛用品

幅2.5cmのものは常に腰袋に

●専用TOOL●

2×4工法では

このメジャーが不可欠

●私がおすすめする専門書●
2×4工法の基本はできるだけ理解してください
Tools & Tipstools_%26_tips.html

必要な工具と情報

設計・施工のマニュアル書として

絶対に必要な本

  1. 箇条書き項目 枠組住宅工事仕様書(解説付)

  2. 箇条書き項目 枠組構造設計スパン表

住宅金融普及協会のサイトから購入する

Best Booksbest_books.html

持ってほしい知識欲

Saw Horsesaw_horse.html

ソーホースの作り方

ソーホースの作り方

建築金物が豊富、1個からでも購入できるのがウリ

●本場アメリカの2×4ツールが日本で格安入手

 コーススレッドなどのネジ類を製造販売する若井産業が、世界の優れた工具や道具を集めたネットショップを展開している。

 これがプロやマニアの間で評判だ。日本では入手の難しかったアメリカの建築ツールが‘いっぱい。しかも、価格がめちゃリーズナブル。特に本場アメリカの2×4ツールもわんさか揃えているというから、2×4建築をする人には強い見方になってくれるはずだ。

 ひとつの例、2×4建築では必需品となっているSpeed Square(スピードスコヤ)、扱っているメーカーは有名なSWANSONではないが、JOHNSON製のSpeed Squareがある。サイズ7インチのもので、価格がなんと925円(送料別)。大型サイズのものや、角度を固定できるタイプもある。

 他にもワクワクしそうなものがいっぱいあるので、一度チェックしてみてはいかがですか。

 ●便利もんプラス http://www.kanamono-oh.com/benrimon

 

●インパクトドライバー最新事情(2014年5月現在)

 もはや様々な作業に手放せなくなったインパクトドライバー。各メーカーも売れ筋商品のため、新機種開発に力を入れまくりですが、ここにきて、少しイップク。もうテッペンまで来ているようで、これ以上の性能アップは難しいようです。

 現時点でのおすすめは、マキタと日立の次の2機種。パナもあるが、数字的にはほんの少し劣るかも。日立のWH14DDLはトルク167、全長128mm、重量1.3kg。マキタのTD137Dはトルク170、全長119mmと数字的にはいちばんよい。最新モデルの特徴は、リチウムイオン電池3.0Ah(または4.0)、ブラシレスモーター、防滴防塵、テクス対応、打撃力の切換え機能など。簡単に言えば、小さくて軽くて、パワーがあって、電池が長持ちして、作業スピードあって、といったところが購入のポイント。最近18Vタイプが出ているが、我々の作業では14.4Vタイプで十分。

 次から次へと新機種が出るし、安いものではないので、そうは簡単には買い換えできないが、自分の持っている物がメチャ古いとか、そもそも二流品だとか、そういう人はぜひ買い替えを。