BIYの活動biy-main.html
BIYって何biy-infor.html
夢を実現yume-1.html
2×4TOOL2X4tools.html
活動報告/ただ今建築中
 
  1. 箇条書き項目 

 年も押し迫った12月27日、日曜日。滋賀県日野町の中林邸に集まったメンバーは、寝屋川市の祝出さん、大阪市の河原さん、神庭さん、昇さん、私という顔ぶれです。

 中林邸は日野町の静かな住宅造成地の一角にあり、12月初めに基礎工事からスタート。土台施工も終わり、本日は1階の床根太を施工することになります。

 まず、土台のチェック。クギ打ちがまだのため、みんなでクギ打ちからスタートです。フレーミングでのすべてのクギ打ちは、仕様書に記載された通りに行います。これが鉄則。クギの打ち方がわからない場合は、必ず仕様書で確認します。適当に打つのではありません。

 土台の継ぎ手などは「3-CN75T」と記載されています。「CN75のクギを3本斜め打ちする」ということです。


 次に床根太位置などをチェックします。これが重要です。どこかの角を基準として、全体のサイズもチェックします。「壁芯から455ピッチ」ですべての床根太位置をチェックし、土台に狂いがあれば、修正しておきます。

 いよいよ床根太です。ランバー材はプレカットされて搬入されていました。これなら現場でカットする手間がいらないので、ラクチンです。プレカットというのは、施工図面からカットサイズを出して、事前に工場でカットしておくことです。

 床根太を並べ、土台にクギ打ちします。端根太は念のため、455ピッチで根太位置をチェックしておきます。すべての工程で、「確認、チェック」をするという習慣をつけておきましょう。フレーミング始めは、特に気をつけて、やっておくのがよいです。

 シンプルな床根太なので、難しくはありません。セオリー通りに順調に進めます。3分の1ぐらい進めたところでお昼。本日は真冬にしてはかなり暖かい。晴天でぐんぐん温度が上昇している感じです。


 昼食後も順調に進めます。高圧のネイラーもあって、ガンガンとクギ打ちが進みます。内部のダブルのころび止めが面倒なくらいです。やはりカット作業がないと、かなりハイピッチで進みます。

 水回り部分を少し変更したため、カット作業も必要になります。当然、丸ノコでのカットも必要になるので、ソーホースは必ず作っておきます。

 今回もありました。丸ノコでのカットで一番やってはいけないこと。わかりますね。危険です。大ケガをしますよ。丸ノコの使い方の基本が分かっていない。危険な工具の使い方は完全にマスターしておくこと。ケガをしてからでは遅いですよ。

 それと、クギ打ちには失敗はつきものです。打ち損じたクギは抜くことになります。クギを抜くためのテクニックも必要です。

 途中、コーヒーブレイクをとって、午後4時前、すべての作業は終了。後片付けをして、4時半には解散としました。

 最後に、クギ抜きにはバールが必要です。当たり前か! 誰もバールを持ってきていない。困ったもんです。フレーミングに必要な道具、ハンマーとバール、これはセットです。打ちにくい所はクギ締めで、チョークライン、メジャーテープ、次回は忘れないようにね。


(B.I.Y会報180より転載) 

 ↑トップページへ           トップBIYの活動/ただいま建築中 > 中林邸(1)


●BOOK●




待望のバイブル書





庭も手作りで



当サイトでも入手可能
メールで問い合わせを




日曜大工の知識は最重要





庭にはデッキも欲しい





工具の正しい使い方

 

滋賀県日野町 中林邸------------------(1)      09.12.27      第163回BIY勉強会

完成した基礎と土台施工。奥の水回り部分以外はシンプルで簡単

土台に根太位置をチェックする。メジャーテープの端は外壁の壁芯からのスタート

ランバー材はプレカットした状態で搬入されていました。カットする作業はなしで並べるだけ

細かなころび止めもすべてカット済み、これはラクチンです

面倒な内部のころび止め施工。打ちやすいところは手打ちでがんばりました

やはりネイラーは早い。圧倒的な早さだ。スムーズに作業するにはまず使い慣れること。ネイラーの仕組みを理解すること

中林邸で1階の床根太施工にがんばる参加メンバー。施工は順調で午後4時には予定の作業が終了。チョロイもんだ

これで1階の床根太は終了。合板を張る前に、クギの打ち忘れをチェックします。必ず打ち忘れがあります

中林邸(2)へnakabayasi-2.html