BIYの活動biy-main.html
BIYって何biy-infor.html
夢を実現yume-1.html
2×4TOOL2X4tools.html
活動報告/ただ今建築中
 
  1. 箇条書き項目 

 1月31日、日曜日。当初は雨の予報ではなかったが、前線の接近が早まり、昼ごろから雨というイヤな予報に。

 参加メンバーは、尼崎市の笹部さん、大阪市の神庭さん、河原さん、昇さんに私という顔ぶれです。本日は壁起こしの予定で、作業にはこれだけの人数で問題なし。

 今に降り出しそうな曇り空、雨対策を考えながらの作業です。中林邸は長い外壁が2面、合板も張れていました。すぐに2面の壁を起こして、雨避けのブルーシートをかぶせて、その中で作業する段取りとしました。

 まず、壁起こしですが、長さは8mで分割で作っていました。8mぐらいなら分割しなくても大丈夫ですが。まあ、起こすのは簡単。分割を1枚ものにくっつけて、さらに位置を確認して仮固定、倒れないように筋交いを取り付けておきます。

 ここまで1時間ほどの作業。ちょうど雨がポツリ、ポツリ。ブルーシートをかぶせて雨が降っても作業できるようにします。ブルーシートは雨がたまらないように山型にしておきます。

 これまで何十回とやってきたことで、特に難しい作業ではないが、やはり冬の雨はつらいネ。好天のもとで作業したい。ホンマ。

 で、奥の短い(5.4m)外壁を組み立てます。これはセオリー通り。何ら難しくはない。下枠と上枠とを合わせて、スタッド位置、マグサ受けなどをチェックします。開口部周りはマグサ、マグサ受け、窓台、窓台下、マグサ上など、それぞれのサイズを出し、手分けしてカット、マグサ作りは経験者の笹部さんの担当。部品がそろえば、指定位置に並べて、クギ打ち。

 クギ打ちは順番に注意、特にマグサ受けと窓台は、事前にH型にクギ止めしてから。闇雲にクギ打ちするのではなく、よ~く考えてから作業すること。

 クギ打ちが終われば、壁面の対角線を測ります。7mmの誤差が出ました。これはちょっと修正しなければ。両側の壁が起きていると、修正しにくいことが多いので、壁面をずらして修正します。そのため、壁は仮止めにしておくこと。これも重要。

 次に壁用の構造用合板を張ります。9mm合板でしたが、できれば12mm厚さの方がよい。こちらが一般的。

 開口部は1枚の合板でおおうように張り、張ったあとで開口をカットします。ここも作業テクニックがあります。テクニックはすべて作業効率を上げるため。

 壁が完成すれば、すぐに起こして隣の壁と緊結して、倒れないようにします。この時点ではネジを使用しての仮止めでもよい。

 これで3面の壁が完成。雨はずっと降り続いています。残りは正面の壁です。本日はここまではやりたいので、雨の中でも作業は続行です。

 まず、同様にしてブルーシートは張ります。これで作業エリアはなんとか確保できます。こちらも5.4mの壁、奥の壁と同様な作業で、壁は完成。まあ、面倒ですが、難しくはありません。で、同様に起こして、隣の壁と緊結します。これで外壁4面が完成。まあまあがんばりました。

 最後に長い壁の中央あたりに筋交いを入れて、垂直を出しておきます。これでかなりしっかりした外壁になりました。

 時刻は午後4時、雨の中、解散としました。雨に濡れながらの作業、たいへんお疲れさんでした。


(B.I.Y会報181より転載) 

 ↑トップページへ           トップBIYの活動/ただいま建築中 > 中林邸(2)


●BOOK●




待望のバイブル書





庭も手作りで



当サイトでも入手可能
メールで問い合わせを




日曜大工の知識は最重要





庭にはデッキも欲しい





工具の正しい使い方

 

滋賀県日野町 中林邸------------------(2)      2010.1.31     第164回BIY勉強会

長い壁が2面、ほぼ完成し、起こされるのを待っていました

記念すべき、中林邸の最初の壁起こし。これが’最初の「第一歩」

分割された壁は簡単に起こせます。長さが8mぐらいであれば、分割する必要もない

長い外壁2面が起きた。次はこの上にブルーシートだ。

中林邸で1階の壁組みにがんばる参加メンバー。雨が降っているためブルーシートを張っての作業

最後の外壁にがんばる。雨はずっと降り続いています。雨、寒い、早く終わらせよう

合板を張って、丸ノコでカット。手分けしてテキパキと作業する。テキパキ、テキパキ

ハイ、本日は完成です。いつもながら、雨はイヤですね。

中林邸(3)へ