BIYの活動biy-main.html
BIYって何biy-infor.html
夢を実現yume-1.html
2×4TOOL2X4tools.html
活動報告/ただ今建築中
 
  1. 箇条書き項目 

 6月20日、日曜日。梅雨真ただ中、予報は曇りで、なんとか作業はできそう。前日、我が家の庭にはホタルが飛んできていました。そんな季節となりました。

 本日の参加者は前回と同じ、寝屋川市の祝出さん、昇さん、私。滋賀県日野町の中林邸は、屋根合板もほとんど張れて、屋根全面にブルーシートで雨対策がされていました。

 本日の作業予定はドーマー屋根の製作。これがなかなか手強い。本日中にできるかどうか、微妙なころだ。

 即作業にかかりたいところだが、今回もそうもいかない。前準備がまたたいへん。まず、屋根面に取り付けられたパイプ足場、ちょうどドーマーの部分にかかっているため、足場を外さないとドーマーが施工できない。4人がかりで足場を外す。これに1時間弱。

 次にカイダンの製作。2階への上がり降りが頻繁となるため、仮のカイダンが必要となる。1階にはサッシ類や材料などが山積みになっていたため、邪魔にならない場所に移動させる。これもたいへん。部屋の中にこれだけ物が多いと、作業効率が極端に悪くなる。できるだけ物は置かないようにしておくこと。これは重要ポイント。

 これでやっとカイダンを作ることができます。余った2×6材を利用、チョイ、チョイっで完成。今回はとりあえずの臨時の仮階段だが、これからは材料の搬入も頻繁に行うので、理想は「フレーミング階段」を作っておくのがよい。理由は私の本を読んでチョ。

 で、ようやく、ドーマー屋根の製作。まず図面が必要。フレーミングと同様な感じで納まり図を書いておく。図面がなくては何もできない。当たり前だ。前面開口部の壁を作り、次に両サイドの三角形の壁を作る。そして屋根をたるき方式で作る。ということだが、角度が複数あるのでかなり難しいヨ。

 まず、前面開口部の壁を作り始めたが、ここでお昼になり、ちょっと休憩。なかなか前に進まない。昼食時には雲行きが怪しくなり、土砂降りの通り雨、昼休みでちょうどよかった。

 昼からは両サイドの三角壁を製作、本体屋根の勾配(9寸勾配)に合わせて作る。壁ができたら、壁3枚を開口部に合わせてつなぎ合わせる。

 次に小屋組み。前面開口部の上の三角形(妻小壁)を作り、棟木を乗せる。この辺は図面を参考に、「現場合わせ」も加味しながら臨機応変に対処することになります。この苦労は文章では説明できません。

 次に屋根たるきを取り付けます。最後にイチバン難しいところ、大屋根とドーマー屋根との接点。ここがいつもながら難解。ちゃんと正確に計算すれば、角度や勾配が出てくるのだが、ここも現場合わせで対処。

 まあ、なんとかやっつけて、大屋根側のイチバン難しいところの屋根合板を張ったところで、時刻は午後5時。全部はできなかったが、これ以降は合板を張るだけなので、簡単です。

 今回も足場が不安定なので、かなり「お疲れモード」でした。もちろん、難解な施工で脳ミソも疲れました。



(B.I.Y会報186より転載) 

 ↑トップページへ           トップBIYの活動/ただいま建築中 > 中林邸(7)


●BOOK●




待望のバイブル書





庭も手作りで



当サイトでも入手可能
メールで問い合わせを




日曜大工の知識は最重要





庭にはデッキも欲しい





工具の正しい使い方

 

滋賀県日野町 中林邸------------------(7)      2010.6.20     第169回BIY勉強会

階段の製作。これは臨時の仮階段。人間の通り道、材料の通り道を確保すること。作業効率を左右する

両サイドの三角形壁を組み立てる。事前に図面を書いて’、よく検討すること。

施工はフレーミングと同様に考える。3面の壁面を作り、それらを緊結する。

開口部上部の三角形を作る。床面に原寸の絵を書いて考えるのがやりやすい。

中林邸の大屋根構造にドーマー屋根。外観上の一番のポイントとなる所だが、施工は簡単でない。

施主の中林さん。がんばっていますヨ。

大屋根本体との納まり、ここがイチバン難しい。まず、チョークラインを入れる。それから…?

まあ、実際にやってみて、その難解さを体験するしかない。そうやって賢くなるノダ。

中林邸(8)へnakabayasi-8.html