BIYの活動biy-main.html
BIYって何biy-infor.html
夢を実現yume-1.html
2×4TOOL2X4tools.html
活動報告/ただ今建築中
 
  1. 箇条書き項目 

 梅雨明したばかりの7月18日、日曜日。梅雨がウソのようにカンカン照り、暑い!

 滋賀県日野町の中林邸も当然、暑い。本日の参加メンバーは寝屋川市の祝出さん、昇さん、私、施主という構成です。

 1ヶ月ぶりに見る中林邸は、見た目はあまり進んでいない。雨が多かったせいでもある。本日は屋根関連の作業。ということはギラギラの太陽をまともに受けるということ。これはツライ。真夏の作業は日陰、日陰を探して、作業場所を見つけてやるのがよい。これが夏バテしないポイント。

 で、まず最初に、北側の破風板(仕上げ)を取り付けることに。こちらは日陰でそんなに暑くない。材質は米杉材(レッドシダー)、これをステンレスのコーススレッドで取り付ける。

 ポイントは「スカーフ継ぎ」で継ぐこと。もちろん、1本ものの材料が使えれば問題はないが、ほとんどの場合、短くて途中で継ぐことになります。その継ぎ方にポイントがあります。

 スカーフ継ぎにすることで、見栄えがよくなること、材が乾燥して隙間が開いても目立ちにくいこと、また、破風板などのような場合では雨水の流れを考えて、スカーフの向きを考えることがポイント。

 このスカーフ継ぎのテクニックは、内装の造作材など、これから頻繁に使用することになるので、方法をマスターしておくことが大切。カットにはスライドソーがあればベスト。

 昼からは屋根に防水下地のアスファルトルーフィング張りを行いました。用意されていたアスファルトルーフィングは汎用の一般的なもので、厚みが23kg、約20m巻き。まあ、これでもよいのだが、できれば、ゴム系の丈夫な(破れにくい)ものがよい。普通のものは簡単に破れるので、施工中に風が吹けば、破れて飛んでしまいます。

 まず、必要な長さにカットします。プロは1本をそのまま屋根に乗せて、クルクルと回転させていきますが、事前にカットしておくのがよい。理由はかなり重たいこと、急勾配の屋根では滑り落ちること。などなど。まあ、自分でやってみれば分かる。

 中林邸の屋根の長さは約9.4m、平らな所でルーフィングを延ばして、9.4mでカットして巻いておく。時刻は午後2時半、暑い。アスファルトが「生八つ橋」みたいになっているゾ。

 で、取り付け。タッカーを用意する。エアータッカー、ハンマータッカー、ガンタッカー、何でもよい。カットしたルーフィングを屋根合板上に敷いて、タッカーで止めるだけ。これは簡単。

 作業は簡単だが、とにかく暑い。頻繁に水分補給&休憩が必要なため、作業はあまり進まない。時刻は  午後4時前、本日はここまで。真夏の屋根作業はかなりの覚悟が必要。さて、どこまでがんばれるか、中林さんの根性あるのみカナ。

 帰路はいつもの温泉につかって、汗と疲れを洗い流して帰りました。



(B.I.Y会報187より転載) 

 ↑トップページへ           トップBIYの活動/ただいま建築中 > 中林邸(8)


●BOOK●




待望のバイブル書





庭も手作りで



当サイトでも入手可能
メールで問い合わせを




日曜大工の知識は最重要





庭にはデッキも欲しい





工具の正しい使い方

 

滋賀県日野町 中林邸------------------(8)      2010.7.18     第170回BIY勉強会

中林邸の正面玄関サイド。こちらが北側になる。

米杉材で破風板を取り付ける。こちらが陰になるのでまだマシ。

破風板の継ぎ手はスカーフ継ぎで行う。方法は見ての通り。

前の道路でルーフィングを長さに測ってカット。暑さで「生八つ橋」のように柔らかい。

ネイラーで合板打ち。まだの箇所をよくチェックしておく。

重ねは10cm、きれいに張る

真夏の中林邸でアスファルトルーフィングを張る参加メンバー。暑さにバテないように少しガンバロウ

タッカーの数々。屋根ルーフィングだけでなく、他の作業にも使う。

中林邸(9)へnakabayasi-9.html