Saw Horse
BIYの活動biy-main.html
BIYって何biy-infor.html
夢を実現yume-1.html
2×4TOOL2X4tools.html
 
  1. 箇条書き項目 

 ↑トップページへ           トップ > Saw Horse


●BOOK●




待望のバイブル書





庭も手作りで



当サイトでも入手可能
メールで問い合わせを




日曜大工の知識は最重要





庭にはデッキも欲しい





工具の知識も大切




 

Saw Horse

フレーミングだけでなく、普段の日曜大工でも、ぜひとも使ってほしいのが「ソーホース」。簡易作業台だ。

 2×4材を使って、簡単に作れる。わずか30分。こんな便利なものはないので、ぜひともお試しアレ。

  1. フレーミングから日曜大工まで、超便利な作業台

  1. 「簡単ソーホース」の作り方(作業時間はまあ、30分)

  1. 箇条書き項目ソーホース(Saw Horse)を作ろう

 丸ノコでカットするとき、腰高の位置で作業するのが、一番疲れなくてよい。もちろん、楽な姿勢は、安全で正確にカットできるのも、大きなポイントです。

 ソーホースとは丸ノコで材料をカットするとき、材料を置く台のことです。馬(horse)のようなスタイルをしていることから、こう呼ばれます。

 本場・北米のフレーマーは必ずといっていいほど、現場で2×4のランバーなどを使って、簡単に作ってしまいます。高さは自分の身長に合わせて、作業のしやすいサイズにします。同じものを二つ作って使います。

 ソーホースの作り方は、私の本「日曜大工の新常識」にも掲載しています。コツは写真のように、脚を四方に傾斜をつけることです。これで簡単で安定したソーホースを作ることができます。金属製のソーホース用のブラケットなるものも市販されていますが、2×4材だけで作るのが、がっちりしていてローコストです。金具は意外とグラグラですから。

 ここに紹介したソーホースはほんの一例です。自分なりのアイデアで工夫してみてください。また、ソーホースではなく、がっちりとした作業用のテーブルを作っておくこともおすすめします。2×4のランバーと合板で簡単に作れます。

 同様に室内用の簡易足場も作れます。天井作業などは決まった高さの足場があればいいわけで、これも自分の身長でサイズを決め、現場で作っておくと便利です。 

  1. バリエーション、正しい使い方

  1. 箇条書き項目まず、横になる木を作る。長さは700mmと500mmの2本。長さは自由に

  1. 箇条書き項目センター合わせにするため、印を入れる。これが極めて重要なポイント

  1. 箇条書き項目センターに合わせてネジ止めする。ネジは2、3本

  1. 箇条書き項目これが横木の完成。正確にセンター合わせにする

  1. 箇条書き項目脚は同じものを4本作る。15度の角度と15度の傾斜でカット。15度は適当ではなく、計算から出した数値

  1. 箇条書き項目材の端に15度の角度を線引きする

  1. 箇条書き項目15度の傾斜でカットするため、丸ノコ刃の傾斜調整を15度にする

  1. 箇条書き項目丸ノコを使って、15度の角度と15度の傾斜でカットする。脚の長さは約75cm

  1. 箇条書き項目横木に脚をネジ止めする。上端を正確に合わせるのがポイント

  1. 箇条書き項目こんな感じにネジ止め。75mm長さのコーススレッド使用、1カ所に4本

  1. 箇条書き項目同じものを2個作って、ワンセットとして使用する。1個でも使える

  1. 箇条書き項目収納は重ねて

  1. 箇条書き項目これはバリエーションの一例。天板が広く平らになったものも使いやすい。アイデアと工夫で、組み立て式なども可能

  1. 箇条書き項目このキズあとが正しい使い方。「捨て切り」で使う。「捨て切り」テクニックは「目からウロコ」

ソーホースの一例、いちばんシンプルで短時間に作れるパターン

  1. 箇条書き項目ソーホースは消耗品。捨て切りでボロボロになったら、作り直しましょう。横木だけでもOK

捨て切りテクニックは「日曜大工の新常識」をご覧ください。その他、目からウロコのテクニックもどうぞ